• ホーム
  • プロペシアには初期脱毛がある!?

プロペシアには初期脱毛がある!?

薬を持っている男性

近年は男性の薄毛のことをAGAとも呼びますが、これは成長期と休止期・退行期の3つのサイクルに分類されるヘアサイクルが、何らかの原因で期間が長いはずの成長期が極端に短くなり、それによって弱弱しくて細い毛の量が増えている状態です。
この成長期が短くなる原因は様々ありますが、根源を探すと大半は男性ホルモンの一種であるDHTの過剰分泌によるものです。

その為、DHTを抑制できればAGAの改善に効果的ですが、最も有名で最も広く用いられる治療薬はプロペシアです。
プロペシアに含まれる主成分が成長期を短くするDHTの生成を抑制することで、乱れたヘアサイクルを正常に戻してAGAの症状を改善することができます。

このプロペシアの効果の高さや様々な実験でも明らかとなっていて、長く使用を続ければほとんどの人がAGAを治すことができると言われていますが、そもそもプロペシア自体には発毛や育毛の効果はなく、あくまでもヘアサイクルを正常にすることだけを目的としています。
なので、使用をする中で髪の毛の状況は変化するが、その変化は効果的と思えるものばかりではありません。
プロペシアは一般的には病院で処方となりますが、プロペシアは通販できるので最近では一度処方されたことのある方は通販で安く購入している方もいます。

使用開始から数か月は毛の量が増えるどころか、脱毛の症状が進行する初期脱毛が起こる可能性があります。
そして、この初期脱毛はヘアサイクルが正常に戻る過程で必ず起こるものなので、初期脱毛がないという人はいないと思って間違いありません。
この事実を知らないとせっかく使ったのに効いてないと勘違いする恐れがあるので注意が必要です。

では、何故髪の毛を増やすはずのプロペシアが脱毛を増やすのか、そのメカニズムはAGAが発生する原因とそれを改善するプロペシアの働きに関係があります。

先ほどもお伝えした通りAGAを発症すると太くて長い成長期の髪の毛が少なくなり、細くて短い不健康な髪の毛が大半を占めます。
その状態からプロペシアの効果でヘアサイクルを正常に戻すと、既に生えている不健康な髪の毛は次に生えてくる健康な髪の毛によって押し出されます。
すると見た目には抜け毛が増えたように感じて、初期脱毛と呼ばれる症状が起きるということです。
この初期脱毛はAGAの進行状況が重ければ重いほど抜ける量も増えるが、どんなに軽度であっても初期脱毛が起こらないことはほぼあり得ませんので、効いてないと勘違いするのではなく根気強く使用を続けてください。

プロペシアの初期脱毛がない!効いてないってこと?

プロペシアを服用すると初期脱毛が起こることが多いですが、ないという人も少なくありません。
初期脱毛は正常になったヘアサイクルの関係により、薄毛の毛髪が押し出されることで発生しますが、もともとヘアサイクルが休止期または退行期にある場合は初期脱毛がないケースもあります。
そのため決して効いてないわけではなく、ヘアサイクルのタイミングによって起きなかったわけです。
プロペシアの効果を実感するためには6ヶ月以上の服用が必要なので、効果を確認するためには時間が必要です。
服用してすぐに状況が変化するものではなく、体内から少しずつヘアサイクルを正常化していくので、実感には時間がかかります。

発毛のためには気持ちを前向きに維持することが大切なので、効いていないと決め付けるのはよくありません。
髪はメンタルの影響をそのまま受けてしまうので、例えば慢性的にストレスが溜まっていると薄毛になりやすくなります。
薄毛の症状の進行を止めるためにも、焦らず気長に対策することが大切です。
まずは抜け毛が多い状態から脱出し、それから産毛を育てていきましょう。
定期的に頭部をチェックして発毛の変化を確認しておくのが好ましく、可能なら写真撮影をしておくといいです。

効果を最大限に発揮させるためには、飲み忘れをなくすことが大切です。
発毛は継続することで効果を実感できるため、服用頻度が1日置きなどと少なくなってはいけません。
プロペシアを服用して効いていないという方は飲み忘れが多い、または短期間しか飲んでいない、などの特徴があります。
発毛とは頭皮を育てることなので、これには非常に多くの時間がかかります。
焦ることなく髪が増えた状況をイメージし、モチベーションを上げていきましょう。