• ホーム
  • 植毛の平均価格や施術方法とは

植毛の平均価格や施術方法とは

これまで1年、2年と病院で内服薬を処方してもらって薄毛の治療を受けてきても思うように症状が改善しない人には植毛という手段があります。
よく比較される増毛と比べて男性ではその可能性がある頭皮がツルツルになるまで薄毛が進行した人でも施術が受けられること(増毛は少しでも毛が残っていないと受けられない)、また確実に植え付けた髪が定着すればその後は自分の髪としていつも通りのスタイリングや、パーマやカラーも楽しめるなどメリットが多いです。

そもそも植毛には主に2つの方法があります。
自分の薄毛になりにくい部位の毛(後頭部や側頭部など)を植え付ける“自毛植毛”は一度に施術できる本数に制限があるものの、仕上がりは本当に自然で周囲の人にもバレにくいです。
そして人工の毛を植え付ける“人工毛植毛”は一度に多くの本数を施術できるため「できるだけ早く薄毛が改善してほしい」という人にはおすすめの施術です。

他にいくつもある薄毛治療の手段としては一番薄毛改善までの道のりが早い植毛ですが、気になる価格は決して安くはありません。
施術を受けるクリニックによって価格にはかなりの違いがあり、相場は1本あたり300円~700円程度。
部位によって植え付ける本数が違いますが、生え際だけなど狭い範囲は平均2千本、そして生え際から後頭部までの広範囲だと平均6千本、多い人だとトータル100万円は超えてしまいます。
さらに内服薬の治療を続ける人はそのための費用、また人工毛植毛を受ける場合は定期的なメンテナンスの費用も必要です。
薄毛治療には保険が適用されないため実費で支払わなければなりませんが、ローンが使えるクリニックがほとんどです。
このように他の手段と比べても早く、確実に自分の毛を増やせる植毛はとても魅力的で興味が出てきた人もいるのではないでしょうか?メリットの多い施術でも病院で施術を受ける以上は全くリスクゼロというわけではないことも知る必要があります。

植毛のデメリットも紹介します

薄毛を改善する方法としては他の手段よりも高い効果が期待できる植毛ですが、デメリットが全くないわけではありません。
そもそも多くの人が勘違いしやすいのは、植毛したからといってAGAが治るわけではないこと。
薄毛を目立たせないために少しずつ何度かに分けて施術を受ける人は多いです。
そして施術は麻酔を使った立派な手術です。
手術中には心臓発作や不整脈などの合併症が起こるリスクが、さらに痛みを抑えるための麻酔が合わずに手術後に吐き気を覚える人もいます。

また人工毛植毛では毛の素材(ナイロンやポリエステル)が肌に合わずに拒絶反応を起こしてしまい、頭皮が炎症を起こす例が報告されています。
そして自分の毛ではなく成長もしないため毛穴の中に汚れが残りやすく、これが原因で毛穴が炎症を起こす可能性もあります。
髪が毛穴の中で切れてしまい残ってしまうのも炎症の原因の一つです。

頭皮が炎症を起こす例は人工毛植毛より自毛植毛を選べばある程度は回避できますが、自毛植毛でも手段によっては自分の毛を採取した傷跡が残ってしまうトラブルがあること。
自分の毛の毛根の生命力が弱ければ定着せずに抜け落ちてしまう可能性もあり、高いお金を払って施術を受けてもこれでは意味がありません。

植毛にはこのようなデメリットがあることを知って施術を受けることが大切ですが、実は植毛は施術をする医師の技術に大きく左右されます。
つまり技術の高い医師が所属するクリニックで施術を受ければそのリスクもかなりひくくなるということです。
クリニックを決める時、その知名度はもちろん、口コミの評判の良さや実際にカウンセリングを受けて分からない点を納得できるまで説明してくれる所を選びましょう。