• ホーム
  • 頭皮のかゆみは何故起こるのか

頭皮のかゆみは何故起こるのか

鏡を見て、髪を気にする男性

頭皮のかゆみは何故起こるのでしょうか?原因についてはいくつかあると思いますが、冬場の乾燥で皮膚にかゆみがおきることがあります。
もともと冬は乾燥するものですが、エアコンなどによって更に空気が乾燥し皮膚は、かさかさの状態になってしまいます。

重要な頭皮ケアについて

シャンプーの仕方も重要
髪をささっと濡らし、シャンプーをつけてゴシゴシと洗う。
この方法は好ましくありません。頭皮のかゆみを抑えたいならまずはぬるま湯で十分に髪をすすぎます。
こうすることで髪についたゴミや埃を洗い流しシャンプーが泡立ちやすくなります。
爪で洗うと頭皮が傷つき雑菌が入りやすくなります。かゆみの元になるので絶対にやめましょう。
指の腹を使って優しく洗うのがコツです。過度のシャンプーも良くありません。
頭皮から必要な潤いを奪い、かゆみを起こす原因になります。
すすぎも重要
最近のシャンプーには泡立ちを良くする界面活性剤が入っています。
汚れも落としますが、必要な皮脂も落として乾燥した状態にしてしまいます。
更にすすぎの時にこの成分が落としきれないと毛穴を詰まらせかゆみの原因になります。
そのため、すすぎはある程度時間をかけてじっくり洗い流すようにしましょう。
あまりにもかゆみがひどい人の対策として、低刺激のシャンプーを試してみると良いかもしれません。
自分に合ったシャンプーをみつけることも大切です。
乾かし方も大事
タオルドライで濡れた状態で長くいると髪が傷み、カビの原因になるのでタオルでしっかり水分を取った後はドライヤーで乾かします。
この時注意しなければならないのがドライヤーの熱による乾燥です。
最近では短時間に乾かせるパワーのあるドライヤーなども売られていますが、直接地肌に風が当たると頭皮のかゆみを引き起こす心配があります。
なるべく地肌からはなして使用するようにし、ドライヤーの前には普段顔などに使用している化粧水で頭皮を保湿してから乾かすといいでしょう。

頭皮のかゆみ対策!ダニやカビが発生しにくい枕を使う

頭皮のかゆみが酷くなると脂漏性湿疹という病気になってしまうことがあります。
脂漏性湿疹は頭皮のように皮脂の分泌が多いところにできます。
この湿疹は真菌の一種マラセチアが増えて炎症を起こすことが原因です。真菌とはカビを意味します。
マセラチアは蒸れた状態を好むため、対策としては頭皮を清潔にし、毛穴を詰まらせないこと、そして髪を濡れたままで寝てしまわないことが大事です。

頭皮のかゆみに長く悩まされている人はアレルギー反応である可能性があります。
原因は、アレルギーである物質が皮膚に触れたり体内に入ったりする事で抗体反応が起こり、かゆみや炎症などの症状を引き起こします。
アレルギー物質にはいろいろありますが、ダニやカビもその一つです。アレルギー物質を髪につけたまま寝てしまうのはかゆみを悪化させます。
毎日のシャンプーが大事なのは言うまでもありません。

脂漏性湿疹とアレルギー反応に共通することですが、枕を清潔に使用することが大事です。
1日のうち睡眠に占める時間は6~8時間もあります。寝ている間に人は汗をかき皮脂などを排出します。枕はそれを毎日吸収しているのです。
尚、人が寝ていることで温かさも加わってダニやカビにはとても好ましい環境と言えます。

見た目はきれいな枕でも1日洗わなかっただけでダニやカビが繁殖してしまいます。
そのため、枕はダニやカビが発生しにくいものを使うのが良いでしょう。
丸洗いできる枕は理想ですが、それができなくても枕に吸湿性の高い綿のタオルを巻くと毎日取り換えられて便利です。
あらゆる治療をしているのに何故か完治しないという人は普段使っている枕を見直してみましょう。

一般的に皮膚科ではステロイドでの治療を勧められます。
ステロイドは慢性化しやすく、使用を止めると発症する可能性があるので注意が必要です。
できるだけ薬に頼らず、かゆみを引き起こす原因を探って取り除くことが望ましいと言えます。

サイト内検索
人気記事一覧